Placeholder image
 

ホテル家具.comとは
Introduction about this site

 

『ホテル家具ドットコム』は、宿泊者目線・ホテル運営者目線・家具製造業者目線を持ち合わせたプロ集団が立ち上げたサイトです。”分かりやすく選びやすい”客室家具のサイトを目指して、価格・コスト・品質の見える化を徹底しています。

”数多くの宿泊施設の中から宿泊者に選んでもらえるホテル”、そして”リピートしてもらえるホテル”になるためのお手伝いをすることが、ホテル家具ドットコムの社会的意義と考えます。

そのためには『導入コストを抑えながら、快適性・デザイン性・メンテナンス性の高い』家具を仕入れることができるかが重要となります。

Placeholder image

しかし、ホテル客室の特注家具は業者によって価格付けがあいまいな業界で、それが当たり前とされてきました。 同じ条件で見積を取っても金額がバラバラで、何にどのようなコストがかかっていて、価格差の違いが何なのかが分からないため、ただ安い見積の業者で契約することが多々あります。

結果、『安かろう悪かろうの商品』をつかまされている可能性が大いにあります。さらに、特注家具は必ずしも『高価格=高品質』という製品ではないため、さらに分かり難いことになります。

『ホテル家具ドットコム』はそのような業界の常識を覆すために立ち上げたサイトです。

Placeholder image

私共がお手伝いすることにより、客室の稼働率がさらに上がり、リニューアルの頻度を早めることは、新しい宿泊者を獲得することができ、そのホテルだけでなくその地域そして日本全体を盛り上げることにつながると考えます。そして再リニューアル時に再び私共にお声掛けいただけるよう、好循環を生み出すべく取り組みを行います。私共は下記の目線を持って、お客様のお手伝いをいたします。

  • 宿泊者目線・・・快適に過ごすことができ、ストレスが少ない。仕事がしやすい環境。テレビが視聴しやすい環境。備品を探さなくてもすぐに見つかる。スーツケースや荷物が広げやすいスペース。広々したデスク。清潔感がある。部屋での飲食がしやすい。
  • ホテル目線・・・メンテナンスがしやすい。家具が壊れにい。清掃しやすい。メイクアップしやすい。
  • 家具製造業者目線・・・コストパフォーマンスが高い家具のサイズや仕様。客室に合わせた色やサイズ。既存の備品が収納できる特注サイズ。廃棄時に解体・分別しやすい構造や作り方(廃材処分費の削減)。
  • 「コスパが高い!!」

    これは私共『ホテル家具.com』が納品した後にお客様からよく頂戴するお言葉です。

    実例として下記は改装前の某ビジネスホテルシングルルーム(約15平米)の現場調査時の写真です。

    Placeholder image

    改装前 [デスク周り・ベッド周り]

    デスク周りに収納スペースがないため、備品で机上がごちゃごちゃしております。これでは仕事もはかどりません。

    また、ベッド周りにはコンセントやUSBが付いていないため、就寝時に手元でスマホ等の充電はできませんでした。

    宿泊したお客様からも口コミで使い勝手の悪さを指摘する声が多くあり、リピート客も新規客も減り続けておりました。

    下記は改装後の写真となりますが、スッキリと整然とした客室に生まれ変わりました。

    Placeholder image

    改装後 [デスク周り]

    デスクに可動棚を設けすべての備品が収まるように設計しました。それにより机上が広々とスッキリとしているため、デスクワークがはかどるだけでなく、宿泊客の忘れ物減少にもつながります。

    Placeholder image

    改装後 [ベッド周り]

    ヘッドボードにはコンセントとUSBを設けて、就寝時の充電も可能になりました。USBがあることはインバウンドのお客様には大変喜ばれます。

    Placeholder image

    ※上記価格は、商品数・台数・仕様・為替・納品地域に応じて変動いたします。また解体費や廃材処分費は条件により異なるため別途となります。写真はシングルルーム16平米、110室の客室全面改装を想定しております。

    ワクチン普及が見込まれている2022年春夏には国内外の出張者や旅行者が徐々に復活すると言われております。

    また中高所得層のリベンジ消費により、同時期にホテルが超繁忙期になることも予想されます。

    Placeholder image

    その需要を取りこぼさないようにと、多くのホテル等宿泊施設が家具の入れ替えや改装工事が始まっております。

    Placeholder image

    さらにウッドショックにより原材料の価格が数倍に高騰し始めており、数年後にはさらに高騰することが予想されております。それらの影響もあり、家具の入れ替え、新築工事、リニューアル工事が現在増えております。

    (弊社の家具製造協力工場ではウッドショックを見据えて、事前に原材料の大量購入をしているため、現在でも商品代を低く抑えることができております)

    宿泊者がホテルを選ぶ際の選定項目には、[予約サイトやGoogleの口コミ]・[価格]・[清潔さ(新規オープンやリニューアルオープンの時期、写真の多さ)]・[デスクが広々使えるか]・[デスクやベッド周りにコンセントやUSBが充実しているか]・[ベッドの大きさ]・[立地]等、挙げられます。

    その多くの条件の中でも、宿泊者が滞在時最も長く時間を費やす客室の環境は、最重要項目となります。

    時期的・コスト的においても、いかに早期に限られた予算内で客室環境を改善し、宿泊客の口コミや評価を高めておくかが、2022年春夏時に繁忙期を迎えられるかどうかにつながると考えます。

    私共のお客様には下記のようなお悩みを抱えてお取引させていただく方が多くいらっしゃいます。同様の要望や改善をお考え方は『ホテル家具ドットコム』に最大のメリットを感じていただけると思います。

         

          デスクのみ、ヘッドボードのみなど、一部の家具だけを更新したい

         

          造作家具のように客室の形状や大きさに合わせた家具を安く仕入れたい

         

          口コミで客室内の古さや使い勝手の悪さの書き込みがある

         

          コンセントやUSBが不足しており、宿泊客の利便性のために改善したい

         

          大手チェーンホテルに負けないよう、できるだけ安く効果的な客室改装をしたい

         

          客室インテリアをキレイして、女性客やインバウンドのお客様を増やしたい

         

          打合せ、プランニング、提案、調達、納品・取付、アフターメンテナンスまでを一貫してやってくれる家具業者にお願いしたい

         

          図面通りの家具を、少しでも安く調達したいと考えている